【チケット解説】AWAKENS-THE SUN ALSO RISES-/ARISES-BEYOND THE MOON-LEGEND-M-

AWAKENS

スポンサーリンク

本日、6月、7月に日本国内で開催されるBABYMETALのライブチケットのTHE ONE最速先行の案内がはじまりました。

金曜日とはいえ、中旬に案内ということで来週ぐらいかなと思っていた方がほとんどだと思います。

その上、案内だけが来て、実際の申し込みは4月23日の2019年度のTHE ONEがはじまってからと思いこんでましたので、本日からのチケット申し込みはまさに青天の霹靂。

今までとは申し込み方法が異なるところもあったり、申し込み内容によって少しライブの詳細が見えてきたところもありますので、解説していきたいと思います。

BABYMETAL公式からのメールの内容

新たな時代(NEW ERA)の幕開けとともに 新たな鋼鉄の調べの舞台が用意された

キツネ様は言った
日出ずる国 夜明けの訪れと共に
東に登る太陽が覚醒し
そして月は眩い光を解き放つだろう…

諸君、首の準備はできているか
鋼鉄の心を胸に 新たな旅へと歩を進めるのだ!!

気になる言葉をピックアップしていきます。

新たな時代(NEW ERA)

いくら令和を迎えるとはいえ、毎度推してくるこの言葉。

NEW ERAはサードアルバムのタイトルなのかなと勘ぐってしまいます。

新たな鋼鉄の調べ

サードアルバムに収録。

いまだに披露していない曲を披露するということでしょう。

もしかしたらファーストアルバム、セカンドアルバムの曲を一切やらないなんて演出もあるかもと期待してしまいます。

キツネ様

キツネ様がメールに登場したのは、2017年9月27日以来です。

まだお元気にされていたようで安心しました。

東に登る太陽が覚醒し
そして月は眩い光を解き放つだろう…

太陽はSU-METAL、月はMOAMETALのことなのでしょう。

この言葉を読む限り、新メンバーやサポートメンバーはなく、SU-METALとMOAMETALの二人だけのBABYMETALのライブなのかなという気がしますね。

 

BABYMETAL AWAKENS – THE SUN ALSO RISES –

基本情報

会場:横浜アリーナ

一日目:2019年6月28日(金) 17:30開場/19:00開演

二日目2019年6月29日(土) 15:00開場/16:30開演

チケット種類と価格

超MOSH’SH PIT(アリーナスタンディング) ※THE ONE限定 ¥12,960

 特典 ライブグッズエリア優先入場/MOSH’SH PIT優先入場

MOS’SH PIT(アリーナスタンディング) ¥9,720

 2枚まで申込可

MOSH’SH SEAT(スタンド指定席) ¥9,720

 2枚まで申込可

まず気になるのは2日目の開演時間が初日よりも2時間半も早い夕方4時半ということ。

土曜日なのでそこまで早める必要もない気がするのですが、これはゲストがいるのかもしれません。

横浜アリーナのスケジュールを見ると翌日の予定は入っていませんでしたが、早めに撤収しないといけない事情があるのかもしれません。

2018年に設定があったスタンド後方指定席という設定がなくなりましたね。

超MOSH’SH PITの特典は今までと同じで、物販優先と優先入場です。

当日になってみないとわかりませんが、超MOSH’SH PITのブロックがステージ前に設置されるのでしょう。

超MOSH’SH PITがある場合はエンドステージがほとんど。

センターステージや広島LEGEND-Sのような移動ステージは期待できないですね。

 

BABYMETAL ARISES – BEYOND THE MOON – LEGEND – M –

BABYMETAL AWAKENS -THE SUN ALSO RISES-

基本情報

会場:ポートメッセなごや 第3展示館

一日目:2019年7月6日(土) 17:30開場/19:00開演

二日目2019年7月7日(日) 16:00開場/17:30開演

チケット種類と価格

三種の神器付 超MOSH’SH PIT(アリーナスタンディング) ※THE ONE限定 ¥20,000

 特典 三種の神器付/ライブグッズエリア優先入場/MOSH’SH PIT優先入場

神器付 MOSH’SH PIT(アリーナスタンディング) ¥12,960

 2枚まで申込可

神器付 金キツネMOSH’SH PIT(アリーナスタンディング) ※THE ONE限定 ¥2,000

 

二日目の日曜日が1時間半早くて17時半からです。

それを考えると横浜アリーナの二日目の土曜日が異常に早い気がしますね。

チケットは3種類で、1種類はLEGEND-Sでも設定された未成年が対象の金キツネです。

一般の人は超が並かの二択です。

違いはグッズの先行販売の他にお土産ととなる神器の内容。

超MOSH’SH PITがTHE ONE限定なのに対して、並は限定ではありませんので、一般発売があるということでしょう。

横浜アリーナ同様、超MOSH’SH PITと並MOSH’SH PITがあるということはエンドステージの可能性が高いですね。

LEGEND-Sのような大掛かりなセットもあまり期待できないかもしれません。

会場はポートメッセなごやの第3展示館と明記されました。

エアコンありですね。

展示場ですのでシート席はなく、オールスタンディング。

2015年の幕張のような過酷な戦いになるかもしれません。

 

LINEチケット

今回の申込は初のLINEチケットです。

実際にやってみましたが、LINEを日頃から使っている人からしたらさほど難しくはなく、画面の指示通り進んでいけばできます。

ただし、色々と試してみたところ、メールのアドレスからたどるとうまくいかない場合がありました。

BABYMETALの公式ラインから進むとスムーズです。

スマホを持ってない人用にローチケから申し込む方法もあります。

私がやってみたところ、スマホ画面から進もうとするとエラーになりました。

PCから行ったら問題なく画面にたどり着くことができましたよ。

 

2019年度のTHE ONEのシリアルナンバーが入ったTシャツがまだ届いていませんが、注文した時の注文の番号で申込が可能です。

番号の確認はアスマートをログインした時に上部にボタンが出るマイページの購入一覧で見ることができます。

 

1回に申し込めるのは1公演の1席種のみ。

複数公演の申込、1公演で第2希望の申込をする場合は再度申込をすればオッケーです。

 

どのように申込するべきか?

さて今回のチケットはどのように申込するのがベストでしょうか。

あくまでもとにかくステージ近くで観たい私の考えです。

まず気にすべきことはMOSH’SH PITが2枚まで可というところです。

DARK NIGHT CARNIVALと同じですね。

とにかく超MOSH’SH PITに行きたければ、今回のTHE ONE先行は超一択。

ハズレても二次募集や一般募集、救済でMOSH’SH PITには入れることでしょう。

横浜アリーナというサイズ、ポートメッセなごやの便や価格を考えると、MOSH’SH PITを埋めるのは大変なはずです。

また昨年のチケットの様子を見ても、第二希望を書いたばかりに第二希望にまわされた、時に第三希望に回されたということが多々ありました。

責任は持てませんが、超MOSH’SH PITが希望ならば第二希望は入れない方がいいでしょう。