BABYMETALメイトのための名古屋案内

スポンサーリンク

BABYMETALのメイトさんのための名古屋でちょっと寄って楽しいお店や場所をご紹介します。

矢場とんラシック店

中元すず香

https://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-10579633199.htm

2010-07-02 のさくら学院日誌でSU-METALが紹介。

舞台で訪れた時に画像をあげた矢場とんです。

矢場とんは名古屋市内にいくつか店があり、大須にあるのが本店ですが、こちらはラシック店になります。

矢場とんラシック店

メニューは鉄板とんかつですね。

「冒険者たち」の会場だったテレピアホールはラシックから徒歩15分ほどのところにあります。

あつた蓬莱軒本店

 

2015年のZeppツアーで名古屋でBABYMETALがライブした時に公式からあがった画像に写っていたのがひつまぶし。

器やお櫃からしてあつた蓬莱軒のものと思われます。

実際、あつた蓬莱軒で画像を見せたところ、多分、そうです、とのことでした。

あつた蓬莱軒は松坂屋(ラシックの隣)にもありますが、熱田神宮に隣接する本店、神宮店が雰囲気もありますので、オススメです。

毎日かなりの待ち時間が発生しています。

時間に余裕を持って行ってくださいね。

豊川稲荷

BABYMETALが6月22日に東京・タワーレコード渋谷店B1 CUTUP STUDIOにて、2ndシングル「メギツネ」のヒット祈願イベントを開催した。

この日のイベントはBABYMETALが6月19日にリリースしたシングル「メギツネ」のヒットを祈念して、彼女たちの守護神“キツネ様”に、愛知・豊川市の名物にしてキツネの好物・油揚げを使った「豊川いなり寿司」を奉納するというもの。CUTUP STUDIOのステージには神式の祭壇が設置されていた。

会場に詰めかけたファンの絶叫にも近い歓声に迎えられた3人は「SU-METAL DEATH!」「YUIMETAL DEATH!」「MOAMETAL DEATH!」「BABYMETAL DEATH!」とおなじみの挨拶をし、イベントの主旨を説明。BABYMETALのイメージカラーにちなんだ黒いいなり寿司が豊川市から渋谷まで人力車で運ばれる映像が流れ出すと、和装にキツネ面の男がステージに現れ、SU-METALに“今まさに”豊川市から無事到着したという、黒いいなり寿司を手渡した。

ベビメタ、いなりんと嶺脇社長と新曲ヒットをお祈りDEATH

2013年6月「メギツネ」が発売された時、タワーレコード渋谷店でこんなイベントが開催。

FOX GODの好物はどうやら豊川いなり寿司だったようです。

名古屋から少し離れていますが、日帰りは十分可能。

ポートメッセなごや二日目のお昼間にやることない方にはちょうどよい小旅行になるかもしれません。

https://www.toyokawainari.jp/

 

ell.SIZE

「ヘドバ行脚ー!!」in NAGOYA
7月8日(日)ell.SIZE
第1回 11:30開場/12:00開演
第2回 13:30開場/14:00開演

参照 https://www.barks.jp/news/?id=1000080131

LEGEND-Mからほぼちょうど7年前に開催されたリリース記念ライブツアーの会場です。

ellは同じ建物内に3つのライブハウスがありますが、SIZEは一番小さく、キャパはわずか150人。

行ったことがありますが、本当に小さい箱です。

このイベントに参加するには、7月4日リリース「ヘドバンギャー!!」通常盤を購入時に対象店舗にて先着で配布される入場整理券が必要

となっていますので、チケットは発売されたのではなくCDの特典だったんですね。

贅沢。

 

ここでライブイベントを開催したグループがポートメッセなごやで7年後にライブをするとは感慨深いものがあります。

BABYMETALの原点を見るという意味でも訪れてみる価値はあるかもしれません。

すぐ近くには大須観音や大須商店街もあります。

またMOAMETALの親友J☆Dee’ZのMOMOKAさんが2018年のお正月に訪れている様子をアップしていましたので、もしかしたらMOAMETALも…ということもあるかもしれません。

こちらのお店はell.SIZEからすぐのKANANO COFFEEになります。