【購入必勝法】LINEチケットリセールの売り方・買い方・問題点

LINEチケットリセール問題

スポンサーリンク

2019年よりBABYMETALにLINEチケットを採用。

それに伴い公式リセールもはじまりました。

出品、購入どちらも色々と難しいこともありますし、問題点もわかってきました。

攻略方法などをまとめましたのでご紹介します。

LINEチケット 公式リセール概要

公演日の2週間前~1ヶ月半前に実施。

一般発売がはじまる前というのが通例のようです。

やむを得ず行けなくなった人のチケットを無駄にしないという意味ではもう少しギリギリに行って欲しいものです。

また一度だけではなく、二回、三回のリセールがあるという意見もありますが、今までは1回きりの開催しかありません。

LINEチケット リセール出品方法

非常に簡単です。

①LINEチケットの自分が持っているチケットを開く。

②「出品する」のボタンを押す。

LINEチケット出品

③出品内容を確認する

BABYMETALリセール画面

④販売手数料などを確認、出品ボタンを押す

BABYMETALリセール画面

⑤チケットの画像が出品中に変化

LINEチケットリセール確認画面

⑥リセールが成立すると案内がきてチケットの色が変化

LINEチケットリセール画面

リセールが成立するとLINEチケットのアカウントに通知が来て、持っていたチケットの画像が緑色にかわります。

この後、売上が確定すると送金ができるようになります。

必要があって出品した方に画像の提供を頂きました。ありがとうございました。

2枚あるMOSH’SH PITやMOSH’SH SHEETの分は1枚のみ出品、2枚ともに出品も可能です。

LINEチケットで売り切る方法

BABYMETALのリセールを見ていると超MOSH’SH PITは出品と同時にすぐ買い手が見つかるようですが、その他のチケット種類については最終的に売れずに終わることが多いです。

MOSH’SH PITしか当たらず、リセールで超MOSH’SH PITが取れたので改めてMOSH’SH PITを出品したという方もいることでしょう。

LINEチケットが売れ残ると分配、譲渡も難しくなり、無駄になる可能性が高くなります。

LINEチケットの場合、分配、譲渡の期間が決まっているためですね。

売れ残らないためにはとにかく早い出品をすること。

出品の一覧に金額が並びますが、その順位は出品順と思われます。

超MOSH’SH PITの買い替えを希望するならば先に持っているMOSH’SH PITなどのチケットを出品してしまう。

もし狙った超MOSH’SH PITが買えなかった場合は改めてMOSH’SH PITを購入することも検討していいかと思います。

それをすると手数料分損はします。

LINEチケットリセール 購入方法

今回のリセールはTHE ONE先行のLINEチケットでの販売分とLINEチケット先行分がありますが、購入希望者が欲しているのは超MOSH’SH PITがほとんど。

そうなるとTHE ONE先行分のみということになりますね。

THE ONE先行分はTHE ONEにログインした状態でLINEチケットのリンクをたどる必要があります。

THE ONEにログイン、THE ONEのニュース「『BABYMETAL AWAKENS – THE SUN ALSO RISES -』/『BABYMETAL ARISES – BEYOND THE MOON – LEGEND – M -』「LINEチケット 公式リセール」に関するご案内 」にあるリンクをクリックすると間違いないです。

https://theone.babymetal.jp/news/news.php?news_id=16

直接、LINEチケットからたどっても画面は表示されません。

注意が必要なのは沢山リンクがある中の①【THE ONE会員チケット最速先行(抽選)を利用し、
LINEチケットでご当選・ご購入のチケット】の中のリンクをクリックすることです。

①LINEチケットのリセール画面を開く

リセールの出品があると席種の名前が出てきます。

BABYMETALリセール画面

リセールがない場合は「お探しのページは見つかりませんでした」というメッセージの画面になります。

BABYMETALリセール画面

リンク先を間違えたようなメッセージなので戸惑いますが、出品がない時のメッセージはこちらになります。

欲しい席種のプルダウンボタンを押すと価格の一覧が出てきます。

BABYMETALリセール画面

出品がこれだけあるという意味になりますので、適当な価格をクリック。

2枚出品できる席種は1枚と2枚の価格があるので注意が必要です。

あとは申し込み内容を確認して、クレカ情報などを入れて購入となります。

LINEチケットのリセール売買状況

開始とともに数枚のチケットを見かけることがあります。

開始を待って出品をした人もいるでしょうが、あまりに早い。

想像するに入金流れなどのチケットを主催者側が出しているのかもしれません。

アクセスは殺到しますが、チケットをリセールで買いたい方は開始時間が狙い目です。

LINEチケットリセールで狙ったチケットを購入する方法

購入の流れを把握しよう

欲しいチケットが出た時にあわてずスムーズに購入できるように手順を頭に入れておきましょう。

目当てのチケットが出品された後、押さなければいけないボタン操作は3回です。

目当てのチケットを見ているのは自分ひとりではありません。

全国の人たちが同時に見ています。

買えるのはたったひとり。

③の支払い方法選択をいちばんに押した人が購入権利ゲットです。

 

①リセールチケット選択

欲しいチケットのタイトルからプルダウンで価格を表示、クリック。

複数ある場合はどれでも大丈夫です。

②申し込み内容確認へ

③支払い方法選択へ

ここまでは同じタイミングで見ている人は全員見ることができます。

しかし、この先に進めるのはひとりだけ

一番早く支払い方法選択へを押した人が次の「支払い手続きへ」に進むことができます。

それ以外の人は「支払いを完了できませんでした」という画面になります。

LINEチケットリセール画面

④支払い手続きへ

このボタンを見ることができたら急ぐ必要がありません。

競争を勝ち抜いているので、あわてず入金をすすめてください。

デフォルトはLINE PAYになっているのでクレジットカード支払いがいい人はそちらを選択する必要があります。

ツイッターを見ているとかなりの割合で正しいリンクをたどっておらず、それではいつまでたっても目当てのチケットは出てこないという方がいますので注意。

まずはBABYMETALの場合はThe Oneの案内画面からのリンクをたどる必要があります。

LINEチケットのトップ画面から「BABYMETAL」検索しても超は出てきません。

また「お探しのページはありませんでした」を更新かけても出てくることはありません。

どの時間にアタックするのがいい?

LINEチケットのリセールの出品は誰かが持っているチケットの出品ボタンを押したとほぼ同時に表示されます。

なので出品が多い時間に欲しい人はアタックするのがいいと言えます。

まずは開始時間。

仕事や生活の流れから会社の休憩時間の15時頃、お昼休み12時から13時、就業時間後17時から19時。夜ご飯を食べた後20時ころ、朝などに出品されることが多いようです。

しかし、その時間は欲しい人が見ていることも多いともいえ、購入しやすいとは決して言えないところがあります。

周りで購入した人の時間を聞いてもいろいろ。

結局のところ、期間中ずっとやっているわけもいかないでしょうから、自分ができる時間に見てるしかないということになります。

LINEチケットリセール必勝方法

①機会を増やす

数打てば当たる式でひたすら更新をかける。

機会を増やすために更新を早く行うこと。

スマホの場合、毎回The Oneのリンクをたどるのは大変なので、履歴からたどると少し楽で早いですよ。

②パソコンを使う

LINEチケットはスマホだけでなく、パソコンからログインしても同じ操作をすることができますので、パソコンが手元にある、慣れているという方はパソコンから行うのも有効です。

③出品する人に出品の時間を教えてもらう

知り合いに出品するという方がいたら、出品する時間を0秒単位で教えてもらい、その時間に集中して購入しにいくという方法があります。

しかし、実際やっている人たちの結果を見たところ、うまくいったケースもあれば、他にもそのタイミングで見ている人がたくさんいて他の人に取られてしまったということも多々。

本当に誰も見てなさそうな深夜とかにやるのがよいようです。

④ネットスピードが速い環境で行う

到達が早い勝負となるとネットスピードが遅いと話になりませんね。

ネット環境がよいところで行うのが勝利への近道といえるでしょう。

LINEチケットのリセールの出品は誰がしている?

誰か必要な人がいるだろうと2枚で当選したものの思った以上の当選率の高さで同伴者が見つからなかった。

その分をリセールに出品という方がかなりの数いたように思えます。

またできれば超MOSH’SH PITが良かったのだけど、第二希望のMOSH’SH PITやMOSH’SH SHEETが当選。

今回のリセールで超MOSH’SH PITが購入できて出品したという方もいることでしょう。

今回の日本公演は全当という方がかなりの数いて、とりあえず入金はしたものの、日程が近づいてきて、4日間でなくてもいいなと思い始め、出品したということもあるように思えます。

都合が悪くなった、休暇が取れる予定だったが無理になったという方もいるでしょう。

LINEチケットリセールの問題点

チケット転売防止という意味ではかなりの効果があるかと思われます。

また行けなくなったチケットを行きたい人が活かせるというのは大変意味があることですよね。

既に開催された星野源のLINEチケットのリセールの状況を見てみたところ、先着順での購入の前に申し込み→当選のリセールもあったようです。

今回のBABYMETALの場合はそこまで数がないということで随時出品、先着順購入という方式が取られたと思います。

 

今回のリセールがはじまってわかったことはかなりの数のチケットを皆さん余らせていたことですね。

EMTGのリセールを利用したこともありますが、ここまで出品数が多いのは見たことがありません。

理由は先にも書いた通り、2017年以前のチケットが取れなかったイメージで申し込み、入金したものの、2019年はそこまで人気チケットでなかったというギャップでしょう。

今後は誰か行く人がいるだろうという不確定同伴席の確保を考え直す必要がありますね。

 

BABYMETAL LINEチケット リセールまとめ

超MOSH’SH PITでどうしても観たいということであれば、結果から言えば、ローチケで超だけ申し込み。

はずれた分はLINEチケットのリセール狙いが正解だったと言えます。

こちらの記事にもリセールで超MOSH’SH PITを狙うべきと書いていましたが、その通りでした。