スポンサーリンク

Tiffoo+(ティフー)にチケット購入代行を申し込んで見た結果【評判】

Twitterで見掛けたチケット購入代行サービスTiffoo+(ティフー)が気になったので申込みをしてみました。

実際に申込みをしてみた感想や実際に起きたことをご紹介します。

試したのは今回のBABYMETAL一般発売。

Tiffoo+は、あなたに代わって、
コンサートや舞台など行きたいチケットを代行で購入するサービスです。

2018年9月26日に開始のできたばかりのサービスなのでまだ馴染みがない方が多いですよね。

以前はネット上でチケットの橋渡しのサービスをしていたようです。

 

購入代行の金額は定額制

人気がありプレミアム価格で売買されているチケットでも定額というのは嬉しい価格設定です。

キャンペーンとなっているので今後変わるかもしれません。

1枚6309円で、複数枚頼むと割引があります。

6309円は高いですが、リセールでそれ以上の価格で売買されているものならば出してもいいのかなという金額です。

申込むには会員登録が必要

チケット購入代行を申込みするためにはまずは会員登録が必要になってきます。

名前、住所、メールアドレス、電話番号、 生年月日などを登録します。

少々不安になったのは確認メールが送られてこなかったこと。

最近の会員登録はメールが届き、そこにあるアドレスで認証をするというのがほとんどなのでこれでいいのかなぁという気がします。

申込むにはクレカ決済が必要

続いて検索から自分が欲しいライブをさがし、購入代行の依頼に進みます。

最後にクレカ決済の画面が出てきます。

購入代行を依頼するためには先にクレカで決済する必要があるのでかなり不安になりますね。

しかし、それをしないと依頼ができないので万が一確保できるかもの望みの元、クレカ登録です。

購入代行の仕組み

画像しか説明がありません。

購入代行を会社が委託して間に入るようです。

代行者は何か特別なノウハウを持って、ほとんどの人が購入が難しい一般発売のチケットを購入することが可能なのかもしれません。

法律的にどうなの?

チケットは定額で、購入代行の手数料で稼ぐということですので、問題ないのかもしれませんね。

しかし、別名義になるようなことも書いてありますし、なにか問題はあるかもしれません。

注文の結果は?

幕張2DAYSのチケットを今回申込みしてみました。

厳しい一般発売の戦いに敗れ、Tiffoo+(ティフー)に購入代行を依頼しているのを思い出し、ステータスは発送準備中。

代行手数料はもったいないですが、この厳しい状況の中でチケットを確保してくれたとしたら高くないです。

でも、本当に送ってくるのでしょうか?

メールでの案内がないのでかなり不安ですが、Tiffoo+(ティフー)のマイページには購入履歴は残っていましたので、何度か見に行きます。

午後3時頃にステータスが「注文取消」に変わっているのを確認しました。

結果、購入代行失敗というわけです。

えっ、じゃあなんだったの?!というのが正直な感想。

慌てて、クレジットカードの明細見に行きましたが、引き落としがされている様子はなしでした。

推測するに、代理購入者も良いか悪いかということもありますが、お金儲けで難関なチケットの購入をしているはず。

今回のBABYMETALのリセールの相場はチケットの定価+15000円ぐらい。

Tiffoo+(ティフー)の代行は仲介手数料も取られるでしょうから、+4000円ぐらいでしょうか。

そうなるとチケット流通センター、チケットストリートなどのリセールマーケットで売るという選択肢をしますよね。

またTiffoo+(ティフー)としても注文取消が後から出来るならば、譲ってもいいチケットが確保できた時だけ注文を受けたらよいということになります。

結論として、今回のBABYMETAL幕張のようにプラチナチケットになっているチケットの購入代行が成立するとは考え難いですね。

利用方法としては一般発売の時間にどうしても自分がパソコンやスマホを触ることができない状況で、プレミアム価格になってないチケットの購入代行を頼むのはあるかもしれません。

私は二度と利用することはないと思います。