鞘師里保はBABYMETALにいたんです。①横浜アリーナの鞘師里保

スポーツ新聞鞘師里保

スポンサーリンク

鞘師里保がアベンジャーズとしてBABYMETALにいた一年を自分の思いとともに記録していきます。

誰かに読んでもらうためというよりも、自分の感情のログのつもりで書いていきますので、読んでみようという奇特な方はやさしい気持ちで読んで頂きたいと思います。

感情に任せて書いていくつもりなので、間違いも出てくるかもしれません。

指摘して頂ければ順次なおしていきます。

 

2019年6月28日 横浜アリーナ

DARK SIDE

順風満帆に歩みを進めてきたBABYMETALにとって、2017年そして2018年は試練の時代だった。

2017年12月2日3日、広島グリーンアリーナで開催されたSU-METAL20歳を祝うLEGEND-SでYUIMETALの突如の欠席。

2018年正月には神バンドの小神さんこそ、藤岡幹大さんの死去。

4月1日のFOXDAYはChosen Sevenという意味不明なお告げだけ。

YUIMETALの復帰が期待される中、5月8日、アメリカはカンザスシティでLEGEND-S以来半年ぶりに姿を見せたBABYMETALはなんと4人。

BABYMETALの象徴とも言えるSU-METALのポニーテール、MOAMETALのツインテールもなくなり、衣装はバトルスーツ風。

YUIMETALのかわりにいた二人はSU-METAL、MOAMETALよりもかなりカラダの大きく、年も上に見える筋肉質なお姉さんたちだった。

BABYMETAL DARK SIDEのはじまりである。

YUIMETALを観たいとわざわざ来ていた人の中には泣いていた人もいるという。

現地でその姿を目撃した私の感想は「このBABYMETALも今までみたいに好きになれるかなぁ」だった。

ライブ後、参加していた日本人のいつものメンバーでライブ後、ご飯を食べに行った。

いつもは興奮して、みんなテンション高く、自分が今さっき目撃したBABYMETALについて語りまくる。

この夜はさすがにどんよりしていて、時々誰かがぽつりぽつりと「どういうこと?」と話すだけだった。

DARK SIDEのBABYMETALも見慣れていくとクールで見応えがある。

IN THE NAME OFからのDistortionのオープニングは今でも一番好きな流れだったりもする。

しかし、評判は決してよいとはいえず、YUIMETALファンだったカンザスシティに来ていた一人は「騙された」と感想を述べ、幕張で開催された7人となったBABYMETALを見た古くからのMOAMETALファンは、MOAMETALがどこにいるかわからないなんてありえないと泣いていた。

熱心に海外まで追いかけていて仲良くさせてもらった方が複数人、ファンをやめて音信不通になったりもした。

カンザスシティからはじまり、オーストラリアの3つのフェスまで私はこの年のBABYMETALのライブのすべて現地で見ることができた。

かっこよくておもしろいんだけどなぁ。

これがBABYMETALなんだけどなぁ。

2019年

2019年、相変わらず、BABYMETALはなかなか情報を出してくれない。

サマソニ出演が2月ぐらいに発表されたものの、その後が全然ない。

が、4月になった途端、横浜アリーナやポートメッセなごやのLEGEND-Mや、アメリカツアーにUKライブ、そしてグラストンベリーフェスへの出演。アメリカ西海岸最大のアリーナTHE FORUMのライブ開催。そしてサードアルバム発売などなど怒涛の告知ラッシュ。

海外遠征する人が集まるライングループでは毎夜のようにチケット購入についての情報交換がなされていた。

しかし、肝心のBABYMETALがどんなスタイルで出てくるのかまったく情報がない。

PMCなどのインタビューではBABYMETALはSU-METALとMOAMETALのふたりであるということが強調された。

横浜アリーナの直前に横浜アリーナに登場するBABYMETALは何人だと思いますか?というアンケートをとったところ、2人という人も4人以上という人も沢山いた。

アベンジャーズ登場

そして迎えた横浜アリーナ初日である。

まずは白装束の3人が出てきた。

これはBABYMETALは3人で行くんだ!という宣言だった。

そして、3人のアベンジャーズがサポートに入り、その日誰が出るかは狐様ぞ知るという案内があった。

アベンジャーズ、そういう答えがあったのかぁとやっばりBABYMETALはおもしろいわ。

SU-METAL、MOAMETALの姿はDARK SIDE以前のイメージを踏襲する髪型、衣装だった。

みんなが好きだったBABYMETALが帰ってきたのだ。

アベンジャーズのひとりがSU-METAL、MOAMETALの横で踊っていた。

正直、たいして気にもとめてなかった。

そんなことよりもSU-METALとMOAMETALが目の前にいるのだ。

SU-METALの「みんな、会いたかったよ」の言葉に会場はわきあがった。

横浜アリーナで久しぶりに見るSU-METAL、MOAMETALは驚くほどキレイになっていた。

アベンジャーズが気にならなかった理由のひとつは2018年のChosen7でステージにあがった方達が私にとってまったく知らない人たちばかりだったことがある。

アベンジャーズだって顔をみたところで知らない人なんでしょ、と思い込んでいた。

 

ライブ後の食事会はみんな興奮して話をしていた。

Arkadia、PA PA YA!!、Shanti Shanti Shantiの初披露曲もあり、話しても話しても話し足りない。

ところで、アベンジャーズって誰なの?

そう、ところでぐらいだったのだ、その日のアベンジャーズは。

Twitterで、もとモーニング娘の鞘師里保だって言ってる人がいるよと教えられた。

鞘師里保って、すぅちゃんと広島時代一緒にやってた子だから、もあちゃんと一緒か上ぐらいだよね?!どう見ても中学生だったけど、と私。

ねぇ、ねぇ、アベンジャーズって鞘師里保だったの?!とアイドル全般に詳しい女性に聞いた。

彼女にはモーニング娘には鞘師以外にも歌がうまいこがいる。

それからブックさん、さっきから『タコシ』って言ってますけど『サヤシ』ですからね、と教えられたことがある。

鞘師ってもっと背が高い気がするんだけどなぁ、すぅちゃんより低かったですよね。

そっかぁ、じゃあ、またどこかから引っ張ってきたのかなぁ。

その日の深夜0時、多分、アミューズがニュースリリースをしたのだろう。

スポーツ新聞の鞘師里保がBABYMETALに参加したというネットニュースがあがり、確定となった。

スポーツ新聞鞘師里保

日刊スポーツ 鞘師里保

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906280001094.html

 

ハロプロ界隈の人たちが大騒ぎしていた。

BABYMETALで通じますかね、足引っ張らないでよ、と冷ややかに見てた、その夜の私である。

初日の鞘師里保よりも、私の周囲を興奮させたのは二日目に登場した藤平華乃だった。

BABYMETALのファンの多くが、BABYMETALの出身のさくら学院も応援している。

藤平華乃は現役のさくら学院のメンバーで生徒会長をつとめている。

さくら学院の生徒会長といえばSU-METAL、MOAMETALもつとめた役職だ。

3人生徒会長のBABYMETALだ、とさくら学院ファンは歓喜。

私も熱心なさくら学院ファンとは言えなかったが、ライブビューイングがあれば必ず見てたし、たまたま観に行ったライブで重音部復活でギミチョコ!!を披露があり、その時のメンバーのひとりが藤平華乃だった。

おっ、アベンジャーズおもしろくなってきたなぁ。

ハロプロ界隈が大騒ぎしている鞘師里保か。

ちょっとしっかり見てみようかな。

横浜アリーナの二日目が終わった翌日、私はブリクストンのBABYMETALライブを見るためにUKに旅立った。

まさか、この後、自分が鞘師里保にここまではまるなんてその時はまったく思ってもいなかった。

鞘師、鞘師、うるさい!と怒られた私がはじめて鞘師と書いたツイートはこれだった。